国連は6月13日、2100年までの世界の人口推計をまとめた報告書「 2012年版 世界人口展望 (World Population Prospects, the 2012 Revision)」を発表した。 報告書では、世界の人口を今年7月時点で 71億6212万人 と推計、以降、2050年に 95億5094万人 、2100年には 108億5385万人 に達するとの見通しが示された。 国の人口順リストは、国際連合 統計部(UN Statistics Division)人口部門の作成した『世界の人口推計 Updated:23-Jul-2019』のデータ を人口順で並べ替えたものである。 ナイジェリア 7.9億 3. 12位:イタリア -0.1  2位のリトアニア、5位のラトビアは、旧バルト三国(残るはエストニア)です。リトアニアは1990年代頭に約370万人だった人口が2016年には約290万人と22%近く減少しています。こういった東欧の国々が多く入っている点については、1990年代初めまでに起こった社会主義体制の崩壊後、産業をうまく育っていないことが関連しているようです。若者の雇用機会が少なく、比較的豊かな西欧への移住が進む現実を表しています。 世界の人口 今世紀中に減少か 「世界人口」をもっと詳しく App Annie、世界人口の約3分の1を占める“Z世代”のモバイル利用動向に関するレポートを発表 ●日本の移住は国内で起こる 世界210の国と地域を対象とした人口増加率についてのランキングです。. 3位:ナウル -1.3 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5669.php 8月25日〜9月1日の8日間に渡って、日本武道館において「2019世界柔道(2019世界柔道選手権東京大会)」が開催されました。第3日の27日までが前半戦で、3つの階級で男子が金2、銅2、女子が金1、銀2、銅1となり、出場した9選手のうち8人が表彰台に上がっています。 大会第4日の28日は女子63キロ級の田代未来選手が銀メダルを獲得しましたが、第5日となった29日では女子70キロ級の新井千鶴選手がまさかの3回戦負けとなりました。 第4日の男子81キロ級でも、18年世界選手権銀メダルの藤原崇太 … 世界各国の医師数推移. 9位:アンドラ -0.4 世界の人口は今後も増え続けることが見込まれる一方、多くの国が少子化や移住の増加による高齢化、人口減少といった深刻な問題に直面している。若い世代が子どもを持つことを先送りにする中、日本は"人口時限爆弾"を抱えている。また、世界で最も急速に人 https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/zenbun/s1_1_1.html このランキングには、 ランキングマップ があります。. 11位:ヴァージン諸島(アメリカ領) -0.2 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. ランキング上位国、主要国、世界全体の医師数の時系列推移を線グラフで表示しています。対象期間は1990年から2017年までの28年間です。 世界人口:77億1,500万(出典:UNFPA state of world population 2019) このページのトップへ戻る 世界いろいろ雑学ランキングへ戻る https://population.un.org/wpp/Publications/Files/WPP2017_KeyFindings.pdf 5位:シリアアラブ共和国 -0.9 <参考サイト> 将来の人口予想. ●アメリカへの人口流出 ・口推計(平成29年10月1日現在)|総務省統計局 日本の人口増加率は、-0.175%で、世界ランキングの順位は 194位 です。. 8位:セルビア -0.5 ●日本の人口は約50年で3分の2に ●世界の人口「減少」ランキング https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/shusshou.html. 5位:ラトビア -0.9 中国 7.3億 4. 2019年の世界の人口 国際比較統計・ランキングです。各国の総人口と国別順位を掲載しています。国連統計ベース。時系列データは1990-2019年まで収録。 国連人口部による推計値(将来推計は中位推計値)。先進国及び開発途上国の区分については「2-1 世界人口の推移」の解説を参照。 死亡率:一定期間の死亡数をその期間の人口で割ったもの。一般に,人口1,000人当たりの1年間の死亡数で示される。 ●「国まるごと移住」はうまく行かず 中国は2040年頃から減少するが、インドも20年遅れて減少する。 世界の人口「減少」ランキング 日本は何位? (テンミニッツTV) 国連によると世界の人口は約76億人(2017年時点)とされています。 2005年からの12年間で10億人増加したとのこと。 世界には約3,000~7,000の言語が使用されており、億単位の人々に使用されているものから絶滅寸前のものまで、様々な言語が混在しています。このページでは、母語人口の多い言語とインターネット上の使用言語のランキングをご紹介しています。 米国 3.4億. インド 10.9億 2. ・平成29年版高齢社会白書(全体版) 第1章 高齢化の状況(第1節 1)|内閣府 世界の人口は2018年現在、約74億人です。 私がまだ小学生くらいだった30年前、世界の人口は60億人だと学びました。 気がつけば、15億人ほど増えています。すごい速いペースですね。日本は少子化で人口は減っているのに、世 … 2010年から2015年の間に人口が減少した20か国 国の自然人口増加率順リスト は、世界の 国家 の 人口 増加率 を大きい順に並べたものである。 なお、以下のリストには独立国のほか、非独立地域や独立国の海外領土なども含まれている。 10位:ハンガリー -0.3 ・出生数・出生率の推移|内閣府 ランキング上位国、主要国、世界全体の人口増加率の時系列推移を線グラフで表示しています。対象期間は1990年から2018年までの29年間です。 ランキングの最下位はリトアニアの-1.065%です。. 12位:モルドバ -0.1 9位:ウクライナ -0.4 11位:ギリシャ -0.2 国連による最新の人口予想調査によれば、世界で最も急速に人口が減少しているのはブルガリアである。2015年から2050年にかけて人口の4分の1が失われる見込みで、これに匹敵するような暗い見通しの国は東欧諸国に集まっている。 世界各国の人口増加率推移. 10位:ボスニア・ヘルツェゴビナ -0.3 国連により最新の世界人口白書2020が発表されました。今回の報告書の内容は主に「女性の権利」についてか書かれています。特に注目されている内容は、世界中で少女の人身売買や身元不明になっているという現状です。特に中国とインドで行方不明になる女性 2010年から2050年までの40年間で人口は30億人増加するが、増加分はほぼ全てが新興国によるもの(先進国は40年で約0.5億人の増加にとどまる) 6位:ブルガリア -0.7 世界の人口と日本の人口-「世界人口デー」にちなんで- (国連資料,平成17年国勢調査結果から) 「世界人口デー」(7月11日)は,1987(昭和62)年の同日,世界の人口が50億を超えたことから,世界の人口問題への関心を深めてもらうため,国連人口基金によりこの日に制定されました。 https://data.worldbank.org/indicator/SP.POP.GROW?end=2017&most_recent_value_desc=false&start=2017&view=chart ランキングの1位はオマーンの9.175%、2位はカタールの5.602%、3位は南スーダンの4.145%です。. ●東欧から西欧への人口流出 世界の人口は今後も増え続けることが見込まれる一方、多くの国が少子化や移住の増加による高齢化、人口減少といった深刻な問題に直面している。, 若い世代が子どもを持つことを先送りにする中、日本は"人口時限爆弾"を抱えている。また、世界で最も急速に人口減少が進むブルガリアでは、そのスピードを少しでも遅らせようと、国内の教育や経済の機会を改善することで、若い労働者に対し、EUやその他の国へ移住するよりも国内にとどまる魅力をアピールしていると、BBCは報じている。アメリカでは今後も人口増加が見込まれるものの、子どもを持つのを待つ時間が長くなっていて、高齢化が進むであろうことを示している。, それぞれの国がどのような人口問題に直面しているのか、Business Insiderでは国連のデータをもとに、2020年から2050年の間に最も大きく人口が減ると見られる国 ワースト20をまとめた。見ていこう。, [原文:The 20 countries facing population collapse], 「増税しなくても国の財政は大丈夫」ってホント?3つの“俗説”の誤りをデータと事実で解説, The 20 countries facing population collapse, 年収1200万円以上の児童手当廃止は「働き損の子育て罰」。キャリア断念、産み控え、仮面離婚考えた夫婦も, 【独占】テキーラ女性急死・光本勇介氏「1、2年前からテキーラチャレンジ」で問われる起業家の資質, 巣ごもりで「漫画村問題」が再燃か 「急増ペースが異常、歯止めきかず」…集英社らが危機感, 【テキーラ女性急死】「狂ったようなチャレンジを」渦中の起業家・光本勇介氏を取り巻くスタートアップの光と闇, メルカリが今「ホワイト急便」と組む理由。若い世代の“クリーニング離れ”、フリマが歯止めに, 個人商店や商店街、ホテルの未来をどう描く——下北沢の商店街、「HOTEL SHE,」と振り返る2020年, NHKが熱い想いを導いてくれた。子ども時代に自覚した内なるモンスター【小国士朗3】, Slackが赤字を出しても売上の50%を顧客獲得に投じる訳。セールスフォースによる買収でTeamsとの戦いは新局面へ, 【佐藤優】「個性」は“見せかけの病”にすぎない。夏目漱石も悩んだ「自信のなさ」の正体とは?, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2017np/index.html 11位:日本 -0.2 dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。, 国連によると世界の人口は約76億人(2017年時点)とされています。2005年からの12年間で10億人増加したとのこと。単純計算で年間8300万人ずつ増加していることになります。今後も世界人口は増えていくことが予測されています。その一方で、日本も含めて人口が減少している地域も多くあります。ここでは2017年に人口が減少した国を取り上げて理由を見たのち、これからの日本の人口がどうなるのかといった点まで見てみましょう。 2位:リトアニア -1.4 ・World Population Prospects Key findings & advance tables 2017 REVISION | United Nations  総務省の発表している資料を見ると、2025年に「団塊の世代」は75歳以上となります。平均寿命は今後伸びることが予想されており、2065年には女性の平均寿命は90年を超えると見込まれています。一方、出生数は減少を続けています。2016年の出生数は97万6,978人で、統計開始以来、初めて100万人を切っており、この先、2065年には56万人になると推計されています。 7位:ルーマニア -0.6 12位:アルバニア -0.1 世界的な傾向である都市化と女性の解放、および宗教的影響力の低下が、国連や学者たちの予想に反し、人口減少という結果を生み出すというわけだ。 人口減少による弊害を食い止めるための対策として、本書では移民の受け入れが提言されている。 4位:クロアチア -1.2 世界の人口「減少」ランキング 日本は何位? 国連 によると世界の人口は約76億人(2017年時点)とされています。 2005年からの12年間で10億人増加したとのこと。 1位:プエルトリコ -2.4  ここまで見たとおり、人口が減少している国の多くは、経済的な問題で雇用が創出できないといった問題を抱えています。一方、人口減少率11位の日本は、そこまで経済状態が悪いわけではありません。また、他国への人口流出も起きていません。最も大きな理由は、国内での出生率の低下と高齢化です。また地方から都市へ若年層が移動し、地方が高齢化する問題が起こっています。この人の動きが、国家の枠組みを越えて起きているのがヨーロッパの状況とも言えるでしょう。ともあれ、日本は移民をあまり多く受けいれていないこともあり、国内での動きがそのまま人口問題に反映しています。 11位:ポルトガル -0.2 全国47都道府県の人口減少率ランキングです。2015年10月1日の国勢調査人口から2020年10月1日の推計人口までの人口減少率です。  2015年は高齢者1人に対して現役世帯2.3人という比率でしたが、2065年にはこの比率は1.3になります。2053年に日本の総人口は1億人を割り、2065年(約46年後)の日本の人口は8,808万人となることが想定されています。2016年での総人口は1億2,670万6千人なので、およそ50年で4,000万人減り、現在の3分の2になります。このまま進めば、2100年頃までには約6,000万人程度と現在の半分になることが予想されています。 世界には196ヶ国あると言われていますが、その中で人口が多い国と少ない国のランキングをそれぞれご紹介します。 ちなみに全世界の人口は全部で約77億1500万人です(2019年データ) ランキングを見る前にまずは人口の多い国トップ10と、人口 密度が話題になっている昨今。 一番人口の多い国はどこなのか? どのくらいの人数なのか? 知ってますか? 世界には色々な国が存在します。 そんな中でも人口について調べてみました。 世界の人口の多い国ランキング上位30です。 ・Population growth (annual %) | THE WORLD BANK ・希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか|Newsweek 全国1741市区町村の人口減少率ランキングです。2015年10月1日の国勢調査人口から2020年10月1日の推計人口までの人口減少率です(区は特別区のみ対象とします)。  世界銀行が発表している国や地域別の人口増加率を見ると、数値がマイナスの地域、つまり人口が減少している地域は20ヶ所あります。以下、人口増加率が低い順に一覧です(数値はいずれも2017年の人口増加率)。 2100年の人口ランキング(推定) 1.  1位は、カリブ海北東部に位置する島で構成されるプエルトリコ(アメリカ自治領)です。2015年に財政破綻したのち、2017年9月に襲来したハリケーン「イルマ」と「マリア」によってインフラが被害を受けて断続的に停電が起きるなど、日常生活を営むのも困難な状況にあります。住民は主にアメリカ本国に流出しています。もともと人口は減少傾向でしたが、ここ数年でさらに減少に拍車がかかっているようです。  3位のナウルは、かつてリン鉱石資源で栄えた太平洋の小さな島国です。現在は資源が枯渇しています。もともと人口1万人程度の小さな島国なので、移民の状況によって大きく人口増加率が変動するようです。一時期は資源採掘の責任を認めたオーストラリア領内への全国民の移住まで提案されましたが、ナウル国民は自分たちのアイデンティティを守るという理由で拒否しています。