マララ・ユスフザイ (Malala Yousafzai)は20歳にして、世界で最も活躍の目覚ましい有名人の1人だ。 彼女は5年前、女性が学校へ行くことを禁じるタリバンに従わなかったとして、出身地のパキスタンで銃撃された。その後、彼女はノ マララさんの国連でのスピーチ(2013/07/12) マララさんのスピーチを用いた学習(1) マララさんのスピーチを用いた学習(2) マララさんのスピーチを用いた学習(3) nhkクローズアップ現代 「16歳 不屈の少女~マララ・ユスフザイさん」 受賞スピーチをしました。 マララ・ユスフザイは学業に励む共にマララ基金の活動に注力することを誓います。後半では、2014年に受賞したノーベル平和賞への思いと、今後の課題について語っています。 マララさんスピーチ すべての子供たちのために 受賞スピーチをしました。 マララさんはどのような人生を歩んできたのでしょうか。 彼女が生まれたのは1997年7月12日。パキスタン北部で育ちました。学校を経営している父親のもと、社会貢献に対する考え方や働き方に影響を受け、当初マララさんは医者を目指していました。 私は誰にも抗議していません。タリバンや他のテロリストグループへの個人的な復讐心から、ここでスピーチをしているわけでもありません。ここで話している目的は、すべての子どもたちに教育が与えられる権利をはっきりと主張することにあります。:マララ・ユスフザイの残した名言。 羽田 桃子. そして、「 これ 」というのは、この絵本にも見開きで描かれている 印象的な国連本部でのスピーチ の名言。 「 One Child, One Teacher, One Book and One Pen can change the World. 彼女のスピーチを理解するにあたり、まず知っておかなければならないのは彼女の出身地、パキスタンのスワートという街の状況。 マララさんは2009年、仮名のブログで、地元の町で拡大する軍事活動と、学校への攻撃に対する不安について語り始めました。マララさんは身元が明かされてからも、父のジアウッディンさんとともに、教育を受ける権利を訴え続けました。 2014年ノーベル平和賞をマララ・ユスフザイさん(17)が受賞した。 史上最年少の受賞は、パキスタンで「女性が教育を受ける権利」を訴え、 2012年10月、タリバンに銃撃された16歳の少女。その勇気と 主張を支持する声は カイラシュ・サティヤルティ氏のスピーチまとめノーベル平和賞は、最年少で受賞した、マララ・ユスフザイさんが、日本のマスコミでは注目されていますが、一緒に受賞した、カイラシュ・サティヤルティ氏も素晴らしい功績を残し、今も実行されていますね。 これは日本でもニュースで放送されたり、非常に有名なスピーチとなりました。2014年、ノーベル平和賞を受賞したパキスタン人女性、マララ・ユスフザイさん。. 12月10日に行われた、マララさんのノーベル平和賞授与式でのスピーチを英語と日本語の和訳を対照対訳にして、音声を聞きながらよみたかったので、まとめました。引用元は、英語のテキストはインディアトゥデイ。日本語はハフィントン・ポストからです。 それがわかるのが、史上最年少でノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララ・ユスフザイさん(17)の英語スピーチだ。今回はその“名言”のほか、過去のノーベル平和賞受賞者の有名な言葉も紹介し … 」 Malala Yousafzai 2016/03/24 - ※このパート【4】は、以前の【3】マララさんの国連演説スピーチ英語全文。日本語の対照対訳付。からの続きですDear sisters and brothers, now it's time to speak up. マララ・ユスフザイの名言や日本語字幕付きのスピーチ(演説)を紹介していきます。 彼女の半生や強い意思を物語る言葉を見ていきましょう。 マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)は、1997年7月12日にパキスタンのカイバル・パクトゥ 2014年にノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララ・ユスフザイによるスピーチです。 カナダの名誉国民となった彼女が、若干20歳にして自らの信念である「女子教育の重要性」を語ったスピーチに心打たれます。 エマワトソンのスピーチ全文【英語を楽しく学ぼう】日本語訳&動画もアリから、英語学習をしていきましょう。エマワトソンのスピーチはクリアで日本人にもわかりやすくおすすめです。英語全文、日本語訳全文、そして動画もついていますので、必見です。 マララ・ユスフザイの名言や日本語字幕付きのスピーチ(演説)を紹介していきます。 彼女の半生や強い意思を物語る言葉を見ていきましょう。 マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)は、1997年7月12日にパキスタンのカイバル・パクトゥ 20~21世紀にノーベル平和賞を受賞した3人(マンデラ、マララ、キング牧師)の名言をご紹介します。「人種」や「性別」による差別は、長い歴史の中で作られ、今も根強く残る重大な社会問題です。今回ご紹介する3人は、これらの過酷で理不尽な差別に、「非暴力」の抵抗で立ち上がりました。 ノーベル賞受賞式におけるマララさんのスピーチ全文(英語/日本語訳) パキスタン人のマララ・ユスフザイさん(17)が今朝未明ノルウェーの首都、オスロで行われたノーベル平和賞授賞式で. ちなみに、マララちゃんがまとっているピンクのショールは、2007年にテロリストによる銃撃と自爆テロにより暗殺されたベナジル・ブット元パキスタン首相のものである。 (以下、マララちゃん国連本部でのスピーチ日本語訳) マララ・ユスフザイさんから学んだこと. マララさんのお父さんが一番の観察ポイント って…藍. 私の国では、教育を受ける権利が保障され、勉強できる環境にある。 しかし、私たちの中には授業中に寝たり、私語をしたりとその権利を放棄してしまっている人もいる。 マララ・ユスフザイ(英語: Malala Yousafzai 、パシュトー語: ملاله يوسفزۍ 、Malālah Yūsafzay、1997年 7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。 フェミニスト・人権運動家。 ユースフザイ やユサフザイとも表記される 。 2014年 ノーベル平和賞受賞 。. 廿日市市立大野東中学校 3年. マララさんの国連でのスピーチ(2013/07/12) マララさんのスピーチを用いた学習(1) マララさんのスピーチを用いた学習(2) マララさんのスピーチを用いた学習(3) nhkクローズアップ現代 「16歳 不屈の少女~マララ・ユスフザイさん」 女性が教育を受ける権利を訴え続け、2014年に史上最年少のノーベル平和賞受賞者となった17歳の少女、マララ・ユスフザイさんをご存知でしょうか? 今回は、彼女の言葉を紹介しながら、人間としての生き方、平和に対する考え方を学びたいと思います。 親愛なる少女、少年のみ …