¦å³åè»¢ã—て写真や動画を撮影する方法, 【使い方】iPhoneのデフォルトメールアプリを「Gmail」に変更・設定する方法, 【使い方】iPhoneのホーム画面で一部のページを非表示にする方法, 【使い方】iPhoneのデフォルトブラウザを「Google Chrome」に変更(設定)する方法, 【使い方】iPhoneの背面をタップして特定の機能を呼び出す方法, 【使い方】iPhoneでの「ピクチャ・イン・ピクチャ」の使い方, 【使い方】iPhoneでウィジェットをホーム画面に追加・表示する方法, 【使い方】iPhoneでの「Appライブラリ」の使い方, 無料通話・メールできるiPhone・iPod touch 向けアプリ『LINE』, Kindleストアで購入した電子書籍を閲覧できるアプリ「Kindle(キンドル)」, Google(グーグル)純正の「Google マップ」アプリ『Google Maps』, 定額で映画・ドラマ見放題のiPhone・iPod touch・iPadアプリ『Hulu』, 定額で映画・ドラマ・アニメ見放題のiPhone/iPadアプリ『dTV』, 毎月1本追加料金なしで新作レンタルできる定額動画配信『ビデオパス』, iPhoneのGoogleマップでストリートビューを表示する方法, iPhoneのGoogleマップで航空写真を表示する, Huluのアカウントを作成・登録する, ソフトバンクユーザーが「dTV」で会員登録する, auユーザーが「dTV」で会員登録する, 「AirPods」をQi充電器でワイヤレス充電する, アップル純正のiPhone X用手帳型ケース『iPhone X レザーフォリオケース』, アップルのワイヤレスイヤフォン『AirPods』, Apple W1チップを搭載したBluetooth対応ヘッドフォン『Beats Solo3 Wireless』, Lightningコネクタをヘッドフォンジャックに変換する『Lightning - 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ』, パワーサポートのiPhone SE/5s/5対応『エアージャケットセット』, Apple純正iPhone用Lightningドックスタンド『iPhone Lightning Dock』, Lightning搭載のiPhone/iPad/iPod touch用ワンセグチューナー『ちょいテレi 1S-IPM110 』, https://www.ipodwave.com/iphone/howto/keyboard.html, iPhoneの文字入力/キーボードの追加・切り替え, キーボードを追加・削除・並び替える, 他社製キーボードを設定・追加する, iPhoneで音声入力のオン/オフを切り替える, iPhoneで他社製キーボードを追加・設定する. この記事では、iPhoneの入力スピードをぐーんと速くする「キーボードの設定方法」や「フリック入力技」を図を交えて解説します。, 切替を素早くするために、不要なキーボードを左にスワイプして消去してしまいましょう。僕の場合は「日本語のローマ字入力」と「絵文字」は使わないので消してしまいます。, 自動修正:正しい綴りまで直されるときがあるのでオフ。文字プレビュー:見づらくなる機能なのでオフ。音声入力:キーボードのマイクボタンが邪魔なのでオフ。自動大文字入力:先頭文字を大文字にされて厄介なのでオフ。, スペルチェック:英語入力時に便利なのでオン。CapsLock:英語入力時「↑」をダブルタップすると連続で大文字を入力できる機能。便利なのでオン。予測:予測変換はあっても良いでしょう。ピリオドの簡易入力/フリックのみ:すごく便利なのでオンに。詳しい説明は↓で。, 図の通り、アルファベットを入力するときに「space」をダブルタップすると、ピリオド(.)が入力されるようになります。英語の文章を書くときにとても便利な機能です。, 「フリックのみ」をオンにすると、ガラケーのように連打して文字入力することができなくなります。たとえば、キーボードの「か」を3回連打しても「く」とはならずに「かかか」と入力されます。これにより「あ」や「か」を連続して入力できるようになるのですね。, ここからは、知っておくと入力スピードがグンと上がるiPhoneの小技を紹介します。, 地球マークを短くタップしてもキーボードの切り替えができますが、長くタップすると「登録されているキーボード一覧」が表示されます。何回もタップするのが面倒なときに使いましょう。, かぎかっこ入力のときにいちいちキーボードを切り替えるのはちょっと面倒です。あまり知られていませんが、iPhoneでは「や」の左右フリックが「かぎかっこ」になっています。, あまり知られていませんが、iPhoneを左右に振ることで直前の操作を取り消すことができます。入力ミスをしたときにiPhoneを振れば、直前に入力していた文を削除することができます(全部消えたりはしないのでご安心ください)。さらにもう一度振れば「取り消し」を取り消すことができます。, このiPhoneアプリを使うと、入力スピードが劇的に上がります。たとえば、英語で打つのが大変な「メールアドレス」や「ユーザー名」を登録しておけば、SNSへのログインや通販での情報入力のストレスがずいぶんと軽減されます。, ここをタップ、もしくはAppStoreで「Word Board」と検索して、インストールしましょう。, インストールが完了したら、WordBoardを使えるようにiPhoneの設定を変えましょう。「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボード」と進んだら「新しいキーボードを追加」をタップしましょう。, 「Phrase」には呼び出したい文字列、「Label」にはボタンの名前を入れましょう。住所やメールアドレス、SNSのユーザー名などを入れると良いでしょう。, たとえば、通販サイトで住所を入力するとしましょう。まず、キーボード左下の地球マークを長押しして「WordBoard」を選びましょう。, これに住所や電話番号など、よく使うものもろもろを入れておくと、入力がずいぶんと楽になるはずです!, もしiPhone6やiPhone6 Plusを入れていて、片手で入力するのが大変なのであれば「片手キーボードPro」というアプリを入れると入力が楽になるかもしれません。, iPhoneのキーボードを自分の好きなサイズに変え、さらに自分の好きな位置に動かすことができます。自分の手に合うサイズ、位置に一度合わせておけば、その後片手でも快適に入力ができるようになります。, AppStoreの「片手キーボードPRO」からダウンロードできます。ただし、このアプリ有料です。2018年1月現在¥480するのでご注意ください。. ガラケーとスマホを比べた際、まず見た目に大きく異なることがわかるのがキーボード(ボタン)の有無でしょう。 ガラケーの場合は、テンキーと呼ばれる物理ボタンが並んでいますが、ほとんどのスマホにはこれがありません。 では文字入力はどうするのかというと、画面上に表示されたキーボードをタッチして行ないます。 キーボードのデザインは、ガラケー同様のテンキータイプ、そしてパソコンのキーボード同様のフルキーボードタイプの2種類が一般的です。 テンキータイプは直接ひらがなから文 … © Copyright 2020 サルワカ All rights reserved. 今回は「iPhoneでフリック入力しか使わない人は “フリックのみ” に設定しておくと何かと便利」という知識です。 今や片時も手放しせない人も多いスマホのことですから、もちろんみんな知っているとは思いますが、万が一知らない人がいた場合のために、 おさらいしましょう。 2018/06/12; … スマホのフリック入力の仕方は、慣れないとなかなか把握しきれません。本記事では、フリック入力の仕方や、タイピングの早打ちのコツ、フリック入力が練習できるオススメアプリまで詳しく解説していきます。是非アプリで練習してフリック入力を極めてください。 iPhoneでは「あ」という文字を連続で入力しようとして「あ」を連打すると「あああ」とならず「あ→い→う」と入力する文字が切り替わるだけで文字を連続して入力できません。. iPhoneの「キーボード入力のスピードを劇的に速くする」方法を図解でまとめました。フリック入力に煩わしさを感じている方は必見です。 サルでも分かるように図解説明します. iOS 14/13のiPhone・iPadのキーボード操作で、急に日本語の入力がおかしくなったり、切り替えができなくなったりしたことはありますか?このガイドは、iOSデバイスのキーボードの入力に関する不具合の対策をご紹介します。 Safari のユーザ名やパスワード、クレジットカード、Wi-Fi のパスワードなどを、承認したすべてのデバイスで自動入力できます。iCloud キーチェーンを使えば、お使いの iPhone、iPad、iPod touch、Mac のすべてでパスワードやその他の機密情報を最新の状態で同期できます。 アプリ. 皆さんはiPadで文字を入力する際にどのようなキーボードを使用していますか。 パソコンのように「ローマ字入力」か、それとも「日本語50音表示」なのか。 一般的な文字の入力方法として知られているのが、大半の方が所持しているiPhoneで使用する「フリック入力」ですよね。 最強のiPhoneキーボード設定まとめ:フリック入力を劇的に速くしよう. 15 点. I’m総理さん. Apple ID のパスワードを入力 ... iPhone 6 以降をお使いの場合でも、画面表示の設定を「標準」ではなく「拡大」にしていると、片手用キーボードが機能しません。iPhone 6 Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus をお使いの場合は、画面表示が「標準」でも「拡大」でも片手用キーボードを使えます。画面表示 … これまでiPhoneもパスコード、つまりパスワード入力によってロック解除を行うよう設定されていました。 2015年のiPhone 6s以降、Touch IDが導入され、パスコードを入力することなく、指紋の認識だけでロック解除を行えるようになりました 。 まずはiPhone(iPadも同様)のやり方から紹介していきます。( ※Androidスマホのやり方は こちら をご覧ください。 コロン(:)の入力方法. iPhoneの「iCloudキーチェーン」は、IDやパスワードなどを保存し、次のログインから自動で入力、保存したパスワードは複数のAppleデバイスで共有できるというもの。iCloudキーチェーンの機能や使い方、注意点などを解説する。 テクノロジー. フリック入力の方が携帯電話入力より、キーボードをタップする数も少ないですし、時間を待つ必要もないので、iphoneの文字入力が速くなります。 iPhoneのキーボード入力をフリック入力のみに設定する方法 1.設定アプリのキーボード設定画面を開く フリック入力とはボタンを何回も押さなくても、指を触れて上下左右のどれかに滑らせることで狙った文字を入力できるというものです。 キーボードは、かな入力のフリックのみの1つに設定しております。 ところが、パスワード入力時にフルキーボードになってしまうのですが、なぜですか? 常に、かな入力のフリックのみにしたいです。 書込番号:15319810 スマートフォンサイトからの書き込み. iPhoneでフリック入力の練習をするときにオススメのアプリはこちらです。 「にゃんこフリック道場」ってアプリですが、マジで最強です。これは確実に速くなります。 フリック入力の練習アプリ「にゃんこフリック道場」は本当に爆速になる! テンキーボードでは"フリック入力"という入力方法が使えます。 フリック入力とは、テンキーに配置された「あ行」の上下左右に「い行」~「お行」が配置されており、「あ行」の文字から任意の方向にスライドすることで「い行」~「お行」の文字を入力します。 iPhoneの文字入力に納得のいかない人 「iPhoneの文字入力ってかゆいところに手が届かないんだよなぁ。フリック入力って逆に不便だし…。 iPhone・iPadの場合. 「フリックのみ」オプションを有効にするには、「設定」アプリ→[一般]→[キーボード]で[フリックのみ]をオン にするだけ。 [フリックのみ]を有効にしておけば、「あああ」などの連続した文字も入力しやすくなりますが、フリック入力しかできなくなる点は注意が必要です。 iPhoneで文字入力する際に使用するフリック入力機能がおかしい、入力できない、感度が悪い、反応しない、固まる(フリーズ)などiPhoneフリック入力の不具合はこの記事で対処法を確認しましょう!フリックが効かない・使えないというトラブルは結構多めのようです。 iPhoneのパスワードを数字ではなく英数字・文字列といった複雑なパスワードを利用したい。数字6桁ではなく、6桁以上のパスコードを利用したい。そんな方向けに、6桁以上の英数字 or 数字のカスタムパスコードを設定する手順を画面キャプチャ付きでご紹介。 文字入力をフリック入力とは、指を左右上下に引っ張って文字入力することができます。スマホが普及したことによって当たり前になった入力方法で、フリック入力とは快適に文章を書くことができる入力方法の基本操作とフリック入力するときの操作を解説していきます。 iPhoneで日本語を入力するためのキーボードとしては、標準では[日本語 - かな]のみが用意されています。これに[日本語 - ローマ字]を追加すれば、パソコンのようなローマ字入力が可能になります。設定方法を見ていきましょう。 「フリック入力は苦手」という人にオススメ. ホーム. バックアップ パスワードを設定すると、iTunesでバックアップまたは復元をしようとする時、暗号化のパスワードを入力する必要があるため、一部の人は焦り、パスワード設定を削除したい場合があります。ここで、iTunesでiPhoneバックアップパスワードロックを解除する方法をご紹介します。 キーボードを数字入力モードに切り替えてから「7」を4回連続でタップすればコロン(:)を入力できます。 iPhoneの文字入力の基本「フリック入力」 フリック入力はAndroidでもお馴染みのものですが、ガラケーから乗り換えた方を想定して最初に説明します。. iPhone フリック入力のコツや知識のまとめ 連続で同じ文字を入力する.